エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報川西市の紹介季節のイベント › 大江山酒呑童子祭り(福知山市大江町)


ここから本文です。

大江山酒呑童子祭り(福知山市大江町)

更新日 平成29年10月26日ID番号 K7389印刷

 

 

平成29年度の「第36回大江山酒呑童子祭り」は台風による被害発生のため中止となりました。


10月30日(日)に行われた「第35回大江山酒呑童子祭り」に参加しました

あいさつ・セレモニー
あいさつ・セレモニーの様子
壇上観光プリンセス、源頼光役の木本さんと渡辺綱役の近藤さん
檀上前列左端から川西観光プリンセスの3名、左から7人目が口上を行う源頼光役の木本さん、右隣りが渡辺綱役の近藤さん

10月30日(日)に京都府福知山市大江町にて「第35回大江山酒呑童子祭り」が開催されました。
本市からは、巴御前・常盤御前・静御前役として川西観光プリンセスが、源頼光役として源氏まつりで八幡太郎義家役を務めた木本達士(きもとたつし)さんが、渡辺綱役として源氏まつりで坂田金時役を務めた近藤大雅(こんどうたいが)さん参加しました。
当日は天候にも恵まれ、大勢の来場者でにぎわっていました。


餅まき
餅まきを行う川西観光プリンセスの3名と木本さん、近藤さん

「清和源氏発祥の地」として知られる川西市。
それは、今から約1千年前、第56代清和天皇のひ孫にあたる「源満仲公」が、川西の多田盆地に移り住み、多田院(現在の多田神社)を創建し、清和源氏の礎を築いたことに始まります。
 
【 鬼退治伝説 】
 源満仲公には、「源頼光公」というたいへん武勇に優れた御子がおりました。
当時、丹波国大江山の方では、夜毎鬼が現れ、大酒を呑んでは財宝を奪ったり、人々を連れ去ったりの悪さをするので何とかして欲しいとの願いが都に届きました。
 その鬼は大酒飲みで、髪に櫛(くし)をいれず子どものような頭をしていたことから「酒呑童子(しゅてんどうじ)」と呼ばれていました。
 天皇より鬼退治の命をうけた源頼光公は、渡辺綱ら「四天王」と呼ばれる家来と共に大江山に向かい、酒呑童子に近づき酒に酔わせて源家の宝刀「鬼切丸」でめでたく鬼を退治しました。 


このページに関するお問い合わせ

市民生活部 生活活性室 文化・観光・スポーツ課(観光)
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1161 ファクス:072-740-1187
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン