エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報川西市の紹介市の観光案内観光マップ・観光施設ガイド › 川西龍の道とビッグハープ


ここから本文です。

川西龍の道とビッグハープ

更新日 平成28年6月21日ID番号 K1789印刷

開通前のハイウエイウオーク

 阪神高速大阪池田線延部の川西市域部分は川西龍の道として、市の歴史にかかわりが深いがかたどられてます。
 この川西龍の道には、九頭龍の伝説加茂の台地の達龍の説話など、川西の歴史がと深くかかわってきたことや、市域がタツノオトシゴの形に似ていることから、また、市の歴史や文化を伝え、新たなシンボルとして、これからの発展を願う思いが込められています。


コンクリート製の斜張橋としては国内最大

 大阪方面からみると、猪名川橋の府県境にある照明柱が龍の頭(写真右上:開通前のハイウエイウオーク)、川西小花出入路が手、出入路をまたぐ歩道橋が足、新猪名川大橋ビッグハープが尾をかたどっています。 また、胴体部に当たる1,077メートルの遮音壁には、ウロコがデザインされています。
新猪名川大橋ビッグハープはコンクリート製の斜張橋としては国内最大。
 長さは400メートル、主塔の高さは路面から90メートルで、56本の白いケーブルでつり下げられています。
 大きなハープのように見えるため、ビッグハープの愛称で呼ばれています。


夜間試験点灯の際に撮影したビッグハープ

このページに関するお問い合わせ

みどり土木部 道路公園室 道路整備課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1183
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン