令和元年5月のかわにしニュース

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008683  更新日 令和1年6月4日 印刷 

「食品ロス」削減をPR ラッピングパッカー車が運行開始

ラッピングパッカー車の画像

 車体側面(両側)に、食べ残しゼロ運動啓発キャラクター「完食戦士 中年カラダ」のデザインを施したラッピングパッカー車が、5月下旬から運行。このパッカー車は、市が取り組んでいる「川西市食べ残しゼロ運動」を、市民の皆さんに宣伝することなどを目的に作成されました。

出水期を前に「水防訓練」

水防訓練の様子

 26日、出水期を前に洪水や浸水などによる被害を防止するため、猪名川河川防災ステーションで水防訓練を実施しました。
 市消防団員が中心となり、消防職員や災害対応に当たる市職員、川西警察署員など約160人が参加。増水による河川の越水を防ぐため、実戦さながらに土のうを作成し積んでいく「改良積み土のう工法」や土砂災害救出訓練などを行いました。

川西特産の桃、愛情込めて袋かけ

桃の袋かけの様子

 県内有数の早生桃の産地である川西市南部地区(主に加茂・南花屋敷地区)。5月中旬、多くの生産農家で桃の「袋かけ」の作業に入り、直径3センチほどの大きさにまで育った実一つひとつに袋を掛ける作業を行っています。収穫は6月中旬~下旬に行われる予定です。

新緑のエドヒガンの森に歌声響く

森のコンサートで披露されたミュージカル「川西の金太郎」

 晴天に恵まれた12日、水明台の猪名川河岸にあるエドヒガンザクラ群生地で「森のコンサート」が開催されました。川西音楽家協会などの協力で実現したもので、今年で7回目。森の中に特設されたステージで披露される歌声やフルートなどの演奏を、約300人が楽しみました。この群生地は地元の森林保全活動グループ「渓(たに)のサクラを守る会」が保全しています。

キセラ川西で公園管理棟のオープニングイベントを開催

オープニングイベントの様子

 11日、キセラ川西せせらぎ公園内で今年4月から利用を始めた公園管理棟「パークオフィスキセラ丸」のオープンを記念し、市民で構成する団体「キセラ・カフェ発 キセラ丸 この指トマレプロジェクト」がオープニングイベントを開催。約60人が参加し、公園の管理運営に関するトークセッションなどを通じて、新しい公園のあり方とは何かを考えました。

交通安全の街頭啓発に19団体が集結

啓発グッズを配る市長

 翌日から春の全国交通安全運動が始まる10日、阪急・能勢電鉄川西能勢口駅周辺で、街頭啓発が行われました。川西警察署や交通安全協会、能勢電鉄株式会社、市消防団など19団体が協力。光に反射して光るストラップ1,000個を、買い物帰りの市民などに手渡しました。

子どもたちの健康・安全を願う餅まき

餅まきの様子

 こどもの日の5日、市内の満願寺で「金時まつり」が行われ、約4,000人の観客が来場。午後2時30分から里山の特設ステージで行われた「餅まき」では、川西観光プリンセスらの撒く餅約1,500個に、親子連れなどが手を前に伸ばし、大きな歓声が境内に響きわたっていました。

令和初日0時の入籍をお祝い

記念撮影の様子

 令和がスタートした1日、婚姻届を提出しようと22組のカップルが市役所に来庁(午前0時時点)。職員から「ご結婚おめでとうございます」と祝福の言葉を受け、特別に用意された記念撮影ブースで撮影をしました。
 また、サプライズで市長と市のキャラクターきんたくんも駆け付け、令和という時代と幸せなカップルの門出を祝いました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課(広報担当)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1104 ファクス:072-755-4145
総合政策部 秘書広報課(広報担当)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。