平成30年11月のかわにしニュース

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007852  更新日 平成30年12月3日 印刷 

紅葉が広がる湖畔のコースを楽しむ「川西一庫ダム周遊マラソン大会」

川西一庫ダム周遊マラソン大会の様子

 18日、晩秋の川西市北部の知明湖周辺を舞台に「第37回川西一庫ダム周遊マラソン大会」が行われました。
 午前9時15分の号砲を合図にスタート。例年、川西市民や京阪神をはじめ、全国各地からランナーが参加していて、今年のエントリーは約2,500人を数えました。ランナーたちは、ハーフマラソンや2キロメートルペアの部など、5種目21競技に、健脚を競いました。

「川西まつり」と「川西バル」を同日開催

川西バルの様子

 11日、キセラ川西せせらぎ公園などで「第12回川西まつり」が開催されました。これは、各団体と市とが一緒になって市内産業をPRし、活力あるまちづくりを図るために実施。会場には約2万9,000人が来場しました。
 また、当日は阪急・能勢電鉄「川西能勢口」駅周辺が飲み歩き・食べ歩きの町になる「川西バル2018秋」も同時開催。同駅周辺では、音楽アーティストによるライブ演奏のほか、藤ノ木さんかく広場でフリーマーケットが行われ、多くの人で賑わっていました。

かわにし音灯りでキセラ川西が光と音に包まれる

かわにし音灯りの様子

 10日、街はカーニバル!!プロジェクトと市商工会が、キセラ川西せせらぎ公園で「かわにし音灯り2018」を開催しました。
 中心市街地に賑わいを生み出すイベントとして、市民が主体となり企画・運営。「人と人」、「人とまち」のつながりの場を創出しようと実施しています。例年この時期に開催され、今年で8回目。当日は、約8,000人が会場を訪れました。

黒川の里山をまるごと楽しむ

黒川里山まつりの様子

 4日、「日本一の里山」といわれる黒川地区で「黒川里山まつり」が開催され、メイン会場となった知明湖キャンプ場などに約3,300人が来場しました。
 今年は特別企画として、宮城県女川町さんま祭とコラボ。復興支援のお礼として提供された鮮度抜群のサンマ1,000尾を黒川名産の炭で焼き、来場者に振る舞いました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課(広報担当)

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1104 ファクス:072-755-4145
総合政策部 秘書広報課(広報担当)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。