エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › 平成21年4月15日号


ここから本文です。

平成21年4月15日号

更新日 平成25年7月5日ID番号 K6630印刷

オンブズパーソンに委嘱状が交付されました

   2009(平成21)年4月1日付で、大塩民生市長から川西市子どもの人権オンブズパーソンとして委嘱を受けました。任期は2年間です。
 
 なお、オンブズパーソン及び相談員の変更はありません。
       代表オンブズパーソン        羽下 大信(甲南大学大学院教授)
        代表代行オンブズパーソン      桜井智恵子(大阪大谷大学教授))
        オンブズパーソン                 泉  薫  (弁護士)

            チーフ相談員                  森澤 範子
                   相談員                  太田 朋恵
                   相談員                  渡邊  純子
                   相談員                  渡邊  充佳
                   
                         以上、よろしくお願い申しあげます。


事務局職員に異動がありました

    2009(平成21)年4月1日付で人事異動が発令され、市民生活部人権推進室人権推進課オンブズパーソン事務局職員に異動がありました。
 これまで1年間担当してきました小倉光に替わって北斗静雄が着任しましたので、お知らせします。


野山眺めながら

  故郷を訪ねていくには岡山と鳥取の県境にある人形峠があります。通るたびに、心の中で私自身を50数年前にフィードバックさせてしまう峠なのです。農高の分校定時制課程の高校時代一学年の昭和31(1956)年の秋を思い出します。 
   一週間の合宿をしながらの演習林実習で、人形峠での植林作業です。40cm位のカラマツ、杉の苗木の束を背負いながら斜面に植林をおこなっていきました、とてもきつい作業でした。この植林作業は山を登るだけでも体力を消耗し、一本一本の苗木を植え込んでいくなかで、この山の数十年後はどんな山並みになっているのだろうかと想像しつつ落ち込んでいた16才の青春のひとときをすごしました。いま人形峠の山並みは、すでに10数メートルのカラマツ林、杉林に成長しうつくしい林になっております。 山々の緑をみた時、その背景にある一本の木々の成長をうながすための伐採作業、間伐の整備、下草の除去作業しながら太陽の恵みをと・・長い年月をかけながら関わり続け、一本の大木へと成長していく過程を学びながら営みの神秘さと畏敬の念さえ覚えることがあります。
 私の前任校長だった山田校長先生(同郷であり、同じ農学の同窓先輩)が1997年春の卒業式の式辞のなかで巣立ち行く子ども達に、以下のような自作の詩を贈られましたので紹介します。
《 「野辺に咲くスミレに目をやってごらん スミレの一途な姿に感動し、 思わず 手をさしのべたくなるだろう そんな 人としてのぬくもりを 大切にしていこうよ」  また 「それに、世相はあいかわらず あわただしい、それだけに 『おーい雲よ、どこへ行くの』と、雲に話しかける、そんな 心のゆとりをもったらどうなの」 さらに 「人間が、いばりかえることは止めにしょうよ 人間だってまわりの存在によって、生かされているんじゃないか」と、自然とともに 生きる美しさを かたりかけるように、かなでる 》
 自然のささやきが心の琴線にふれ、こころの復活をしずしずとつまびく詩です。子どもの営みの教育現場の日々の中で過ごした先輩の詩に感動深き思いをしました。
 すべての教育活動の主役は、一人一人の子どもです。子どもの深層に目をむけ、「わかりたい」「できるようになりたい」「みとめてほしい」「わかってほしい」という子どもの心を大切にし、私たちはあらゆる子どもが主役になりえる工夫をして、活動に活力と、生きる力をみなぎらせたいと願っておりました。
 そのような中で、子どものSOSを受けとめ、子どもの権利救済に関する第三者の専門機関として 子どもに寄り添いながら、オンブズパーソンと専門員(相談員)の冷静でかつ、きめ細かに分析され対応されている営みにかかわらさせていただいている今日、つかれと喜びを感じますが、ふと、野外に目をやるとサクラ満開で、山々は新緑一杯の春です。「人間だけが一番えらいんだ」というおごりは捨て、自然と共生し、自然から学ぶという謙虚さ、心のしなやかさ、人や自然を思いやる豊かな心は大切に育んでいかねばと・・。あらためて、先輩の詩を思い出したり、峠の森林、満開のサクラをみながら過ごしている、今日この頃のわたくしです。
                                       (専門員 生田  收) 


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン