エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › 平成20年11月1日号


ここから本文です。

平成20年11月1日号

更新日 平成25年7月5日ID番号 K5845印刷

『自分に優しく』

「人に優しく」それはとても大切なこと。そのためにはどうしたらいいか?
まずは自分に優しくなることだと思う。

自分に優しくするとはどういうことか?
こうして期日ギリギリになってあわててコラムを書く計画性のない自分、頼りない自分、ワガママな自分、すぐに人と比較して落ち込む自分等々自分のダメだなぁと思うところは数えあげればキリがない。そんな自分を責めるのではなく「とりあえず、まぁいいか」と受け入れることが自分に優しくなるということだと私は思う。

そうやってありのままの自分を受け入れられると自然とありのままの他者を受け入れられるようになる。それが人に優しくなるということにつながるのではないか。

でも、自分のダメなところを「まぁいいか。」と思うことって意外と難しい。自分への理想を高く持ちすぎたり、周りからダメだというレッテルを貼られるのではないかとビクビクすると「もっとがんばらないと!」と、ついつい自分に厳しくなって自分を追い込んでしまう。そこから抜け出すのは自分一人の力では難しい。

そんな時、私は必ず人に話を聴いてもらう。聴いてもらう人は誰でもいいわけではなく、ありのままの自分を受け止めてくれる人。もしくは自分の良いところを見つけて返してくれる人。(この場面で叱咤激励をしてくれる人には絶対話をしない。)そういう人たちに話を聴いてもらうと、「こんな自分でまぁいいか」「自分のペースでやればいいや」と肩の力が抜けて自分に優しくなれる。こうして乗り越えられたことがたくさんある。

自分に優しく、人にも優しい。そんな人でありたい。

                           相談員  太田 朋恵


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン