エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › 平成20年10月1日号


ここから本文です。

平成20年10月1日号

更新日 平成25年7月5日ID番号 K5615印刷

「あなたは、勉強、キライ?」

 もしもあなたが勉強、キライなら、そんなあなたを僕は好きになれそうです。だって、「勉強やテストが好き!」という人は、(1)勝ち負けにこだわるゲーム好き、(2)優越感をひけらかすイヤなヤツ、(3)文字や数字や記号の、その向こう側の世界に魅入られてしまった相当特別な人、のうちのどれかです。そのうちの(1)と(2)は困ったヤツ、ハタ迷惑なヤツだし、(3)はスゴすぎて怖い人かも。もしあなたがそのどれでもない人なら、僕はそんなあなたが好きです。
  勉強は、文字や数字をとおして開かれる、広く豊かな世界に馴染むための練習問題でもあります。練習問題というのは、うまく行かないがフツウです。そして文字や数字に馴染むには、「そう悪くない関係」になるのがいいのではないでしょうか。つまり、それを好きにならなくていいのです。もうすでにキライになっていても、「そう悪くない関係」に変えていくことは可能です。
 そこで、それを実現するアイデアを一発!人間の集中力は、子どももおとなも15~20分とします。小学校1、2年生も中学生もおとなも、だいたいこんなもんです。で、この15~20分を、インターバルを適当にとって、一晩に1~3回繰り返す。インターバルの間は、ダラダラと作業などで時間を過ごす。これなら、あなたの勉強との関係は、これ以上は悪化しないはずです。それは初めは目には見えないし、感じ取れないくらいの変化だけれども、でも、少しずつ少しずつ、そう悪くない関係が復活していくでしょう。
 しかし、そうは言っても、まわりからいろいろ責め立てられ、あなたがせっぱ詰まってしまうこともあるでしょう。そんな時は、心の中で、こう叫んでみてください。「子どもにグチャグチャ言う暇があったら、自分が勉強しろ!人間、一生勉強や!」、「お前、先生やろ!だったら、もっとうまく教えろ、ヘタクソ!」と。
 ただし、これはあなたと勉強との関係をリセットするおまじないです。したがって、これを直接相手に言ってしまうと、このリセットの効果が消えてしまうので、気をつけてくださいね。 
                    代表オンブズパーソン 羽下 大信


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン