エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › 平成19年7月1日号


ここから本文です。

平成19年7月1日号

更新日 平成25年7月4日ID番号 K1442印刷

コラム “何が起こったのか分からない”体験

 自己紹介を兼ねて自分の子ども時代の体験を書こうと思う。


ある日、学校へ行ったら、クラスの全員から無視される状態になっていた。
小学校3年生頃のことであった。
前日まで、ふつうにおしゃべりをしていたのに、誰も返事をしてくれない。
一体、何が起こったのだろう? 私は、ただ、呆然とするしかなかった。
翌日も、翌々日も、それは続いた。
親には言わなかった。家では明るく振舞った。学校のことは思い出したくなかった。
下校後は、近所の遊び仲間と楽しく遊び、教室での悲しい気持ちを忘れた。
先生にも言わなかった。
一人でいる理由を聞かれたら「今日は絵を描きたいから」と答えた。
心に“何だか分からない大きなもの”が乗っかっている感覚だった。
なんでみんな、話をしてくれないのかな、と思っていた。
自分でもよく分からないから、おとなに説明できないし、聞かれるのも面倒くさかった。
そんな日が続き、だんだん、自分の元気エネルギーが尽きてきた。

 もう20年以上前のことだが、まだ鮮明に覚えている。結局、私が無視されていることを友人が親に話し、それを私の親が聞き、親が先生に事情を話し、・・・、無視される事態はなくなった。そのとき、親には「つらかったね。気づいてなくてごめんね」「あなたは悪くない」「いつもあなたの味方だよ」というようなことを言われた(はっきりとは覚えていない)。ただ、このように接してくれる存在がそばにいてくれたことがよかったのだと思う。なんとかしのぐことができた。リーダー格の同級生の一人が、私を無視するようクラスに働きかけたのだった。今これに名をつけると‘いじめ’というのだろうが、当時の私にとっては“何が起こったのか分からない”体験であった。
  あのとき、「なんですぐに相談してくれなかったのか?」と周りのおとなに言われても、言えたとは思えない。別に信頼できなかった訳ではない。むしろ大好きだったし頼りにしていた。だから私は、子どもが相談しないときには、子どもなりの理由があるのだと思う。今、相談という仕事をしているが、毎回思うことは、「よく相談をしてくれたね」ということである。せっかくご縁があったのだから、そばにいて、ささやかながら、「あなたは悪くない」「あなたのままでいい」とお伝えできればいいなと思っている。

(相談員:渡邊純子)


ユニセフが提唱する「子どもにやさしいまちづくり」につながる子どもオンブズ活動

 「子どもにやさしいまちづくり」とは、ユニセフが子どもの権利条約に基づいて、子どもの生存や発達を保障する社会の実現をめざした行動計画を提起しているものです。
 昨今の子どもを取り巻く状況は、いじめや体罰、虐待など健やかな成長を阻害する事象が増加、深刻化してきており、川西市の子どもの人権オンブズパーソンでも子どもから直接人権侵害に関する相談を受けたり、周りのおとなからの相談が後を絶ちません。
 子どもが安心して、楽しく成長・発達できるようなまちをつくるために、ユニセフが提唱している「子どもにやさしいまちづくり」の中で、子どもの権利条約の一般原則である「差別の禁止(第2条)」「子どもの最善の利益の確保(第3条)」「生命・生存・発達の権利(第6条)」「子どもの意見の尊重(第12条)」を子どもに保障するために、自治体が実際に取り組む重要な点として、「総合的な子ども計画の策定」「子ども計画の実施を調整・モニターする子どものための特別部局の設置」「子どものための特別予算措置」「独立した子ども救済制度の設置」「意志決定プロセスへの子ども参加」などをあげています。こういった視点で、福祉・教育・青少年対策などの諸分野に分かれて展開している子ども施策をとらえ直し、総合化していくことでまちづくりにつながっていくのです。
 取り組みの重点項目の一つである「独立した子ども救済制度の設置」に位置づけられるものとして、川西市では公的第三者機関である「子どもの人権オンブズパーソン」があります。オンブズパーソン条例の第1条では、「本市における子どもの権利条約の積極的な普及に努めるとともに、子どもの人権オンブズパーソンを設置し、もって一人ひとりの子どもの人権を尊重し、及び確保することを目的とする」と規定されています。これは「子どもにやさしいまちづくり」の観点から、子どもの人権オンブズパーソンを設置して、例えばいじめや体罰、虐待などで子どもが苦しむことがないようにするということになります。そのために、オンブズパーソンは一人ひとりの子どものSOSを受けとめ、子どもの人権侵害から擁護・救済を図るために、相談・調整活動、調査活動などを行っています。


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン