エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › 平成23年4月15日号


ここから本文です。

平成23年4月15日号

更新日 平成25年7月5日ID番号 K11168印刷

オンブズパーソン等が替わりました

2011(平成23)年4月1日付でオンブズパーソン等が替わりましたので、お知らせします。

オンブズパーソン
桜井 智恵子  大阪大谷大学教授(再任)
浜田 寿美男  奈良女子大学名誉教授(新任)
宮島 繁成    弁護士(新任)

調査相談専門員(相談員)
チーフ相談員    新林 智子 
       相談員    渡邊 充佳 
       相談員    村上 裕子 
       相談員    平野 裕子(新任)

新しい体制で活動していきますので、よろしくお願いします。


オンブズ2010年次活動状況(概要)

  昨年の相談活動で扱った案件は169件で、延べ537件の相談がありました。そのうち5割以上が子どもからの相談で、その割合は年々増えています。
  内容を見ると、子どもからの相談では、「いじめ」「交友関係の悩み」「家族関係の悩み」などが多く寄せられました。おとなからの相談では、「子育ての悩み」「不登校」「いじめ」「家族関係の悩み」などが多くありました。
  寄せられる相談を学齢別に見ると、小学生高学年、中学生、高校生・中卒後の子ども、小学生低学年、就学前の子どもの順でした。
  子どもを取り巻く緊張関係をほぐすための調整活動では、相談者の課題に即して、子どもにかかわるおとな(保護者や学校の先生など)にオンブズパーソンが直接出会って、子どもの代弁に努めたり、建設的な対話になるような働きかけも行いました。
  調査活動では、「不登校」状態にかかわる申立てや学校行事で起こったトラブルをめぐる学校対応に関する申立てによる調査を、延べ75回実施しました。
  広報・啓発活動では、リーフレットや電話カードを子ども向けに配布するとともに、新しくポスターを学校園や公民館等に配布する一方、小学3年生を対象にした市役所見学の際には、事務局で紙芝居を使ってオンブズパーソン活動を紹介しました。
  また、オンブズパーソンが行政・学校等の関係職員対象の研修会に講師として招かれたり、市民や団体(小学校区人権啓発推進委員会、民生委員・児童委員、社会教育団体等)対象の学習会や研修会等に講師として参加しました。
 


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン