エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › オンブズパーソン・コラム(平成25年5月8日号)


ここから本文です。

オンブズパーソン・コラム(平成25年5月8日号)

更新日 平成29年11月22日ID番号 K14458印刷

はじめまして!

勝井似顔絵
似顔絵:勝井オンブズパーソン

 川西のみなさん、こんにちは! 私は、子どもと遊んだり話したりするのが大好きなのと、しんどい状況にある人が少しでも楽しく心豊かな人生を過ごすお手伝いがしたいと思い、中学生のころから、子どもに関わる仕事も手がける弁護士を目指していました。その夢に向かって頑張って勉強し、平成7年から大阪で弁護士をしています。部活は、中高6年間、ダンス部に所属しました。
 この4月から、オンブズパーソンに加えていただきました。子どもたちがありのままでいられ、思ったことを素直に表現でき、心豊かに成長していくために、どんなお手伝いができるのか、どんな制度が必要なのかを、とくに子どものみなさんと一緒に考えていきたいと思っています。よろしくお願いします。

 さて、中学2年生のとき、国語の先生が詩をプレゼントしてくださいました。今でも一番好きな詩です。少し難しい漢字もありますが、よかったら読んでみてください。いつまでも、「震える弱いアンテナ」を、心の中にそっと立てておけるおとなでありたいと思っています。
皆さんの好きな詩や本なども、これから、教えてくださいね。

汲む Y・Yに 茨木のり子

大人になるというのは
すれっからしになることだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました

そのひとは私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 墜ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと……
わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました
たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです

執筆:オンブズパーソン・勝井映子 


オンブズパーソンが替わりました

2013(平成25)年4月1日付で、1名のオンブズパーソンが替わりましたので、お知らせします。

●オンブズパーソン

浜田寿美男:奈良女子大学名誉教授(再任)
井上寿美:関西福祉大学准教授(1期目)
勝井映子:弁護士(新任)

●調査相談専門員(相談員)

チーフ相談員:渡邊充佳(みっちー)
相談員:新林智子(にいば)
相談員:平野裕子(ひらりん)
相談員:村上裕子(むーやん)

平成25年度もよろしくお願いいたします。



 


視察を受けました

4月3日(水曜日):東京都 市(区)議会議員団



 


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン