エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳市民活動・人権・生涯学習人権・男女共同参画川西市子どもの人権オンブズパーソン子どもオンブズ・ニュースオンブズパーソン・コラム › 平成22年2月23日号


ここから本文です。

平成22年2月23日号

更新日 平成25年7月4日ID番号 K8311印刷

2009年次活動報告会を開催します

   子どもの人権オンブズパーソンでは、年次ごとに運営状況等について市長に報告し、市民のみなさまに制度に対するご理解とご協力を目的に公表することになっています。
公表については、市民のみなさまや関係者等と身近に対話できるよう毎年年次活動報告会を開催しています。今年は下記のとおり開催します。
  子どもたちはどのようなSOSを出しているのでしょうか。周りのおとなは、どのように子どもを支えていくことができるのでしょうか。一緒に考える時間にしたいと思います。
  この機会にぜひご参加ください。

 日 時
     2010(平成22)年3月29日(月)午後1時30分~4時
 
 会 場
     川西市役所7階 大会議室
            阪急電鉄川西能勢口駅下車徒歩5分
            会場へはできるだけ、電車やバス等をご利用ください。

 内 容
   1 2009年次条例運営報告
   2 オンブズパーソンが語るこの1年
   3 質疑応答
      報告者 オンブズパーソン
              羽下  大信(甲南大学教授、臨床心理学)
              桜井智恵子(大阪大谷大学教授、教育学)
              泉      薫 (弁護士) 
 
 その他

   当日は受付で「子どもオンブズ・レポート2009」(活動報告書)を配布します。


人のなかで「楽しい」と思える経験を

   私には、5歳の娘がいる。生後2カ月で保育所に預け、「早く預けてかわいそう」とよく言われたが、娘は本当に保育所が大好きだ。日曜日でも「今日、保育所行かないの?」と言われ微妙な気持ちになったりもした(笑)。私も保育所に支えられて子育てできたこと、子育ての楽しさやしんどさをおしゃべりできるママ友、「おばちゃん」と呼んでくれる小さな友だちがたくさんできたことはとても嬉しかった。もうすぐ修了を迎えるが、どちらかといえば、私の方が保育所とのお別れを惜しんでいる。 
   友だち、先生と一緒に生活するなかで、娘は楽しいこと、面白いこと、嬉しいこと、くやしいこと、悲しいこと、いろんなことを経験した。当たり前だが、家庭のなかだけで閉じこもって子育てしていたら、こんなに豊かな経験はできなかった。
集団生活では、小さなトラブルがたくさん起こる。手を出したり出されたり、きつい言葉をぶつけあったりなど。よく冷や冷やしたものだ。でも、そのことを避けて通ろうとしたら、同じくらいの子どもが同じ空間で一緒に遊ぶことはできなくなってしまう。
   このようなトラブルがあると、子どもたちは先生に手伝ってもらいながら、お互いに自分の気持ちを伝えあう。そして最後には「ごめんね」「いいよ。もうしないでね」と、何もなかったかのように一緒に遊び出す。子どもたちは本当に柔軟だ。まぁうちの子はそんなにすんなりいく方ではなかったが。
   それまで、自分中心の世界で生きてきた子どもが、他者という外界と出会うなか、人の気持ちを想像したり、自分を調整しようと試みたりする。そして人と一緒に何かをすることに喜びを見出していく。娘を見ていると、きっと保育所のなかで、友だちとぶつかることがあっても、みんなと一緒にいることが楽しいということを感じることができたのではないかと思っている。私も30うん年前、保育所に通っていたが、とにかく保育所が大好きで、友だちと夢中で遊んだ記憶が今でも鮮明に蘇る。
   子ども時代に「人と一緒にいて楽しい!」と思える経験は宝物だ。今は、就学前でも読み書き、英語など、いろいろなことが早くできるようにと教室に通う風景が普通になりつつある。小学校に入っても放課後は友だちとゆっくり遊ぶ時間ではなく、受験準備のための塾通いの時間となる。オンブズの相談では、そのような生活のなかで、子どもが心身の不調を訴えるケースに出会う。また、思春期になって人間関係の困難さを訴える子どもからは、幼少期に友だちと楽しく遊んだ記憶が語られることが少ない。
   私たち親子にとって保育所は、大切な宝物に出会えたありがたい場所だった。それはおそらく一生を通じて娘を支えていくだろう。人と一緒にいることが楽しいと思えるような出会いを当たり前にどの子にも経験してほしい。しかし、現代の子育て状況は、それをあまり許さない。友だちと一緒に笑ったり泣いたり、遊んだりすることより優先されていることがあまりにも多いからだ。それは、やはり何かおかしいと言いたい。 
                                                                    (チーフ相談員 森澤範子)


このページに関するお問い合わせ

子どもの人権オンブズパーソン事務局
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1235 ファクス:072-740-1233
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン