エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ産業・ビジネス情報農林業森林・林業・病害虫 › ナラ枯れ被害について


ここから本文です。

ナラ枯れ被害について

更新日 平成28年9月23日ID番号 K20782印刷

カシノナガキクイムシによる「ナラ枯れ」被害について

 ナラ枯れとは、カシノナガキクイムシによって、コナラやミズナラなどが集団的に枯れる伝染病です。近年、ナラ枯れ被害が全国的に広がりをみせています。
 川西市でも、平成22年以降被害が確認されています。

 ナラ枯れ被害木は、枝が落ち、幹が折れ、根から倒れてくる危険性があります。


ナラ枯れの写真

市の対策

 川西市農業振興研究会(川西市が事務局)が、森林ボランティア団体へ防除シートを配布しています。


カエンタケにご注意ください

 ナラ枯れが発生した森林において、被害発生時または数年後にカエンタケが多く発生することが確認されています。
 カエンタケについては、下記のホームページをご覧ください。


このページに関するお問い合わせ

市民生活部 生活活性室 産業振興課(農林)
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1164 ファクス:072-740-1332
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン