エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報まちづくり駅周辺再開発事業等について › アステ川西等


ここから本文です。

アステ川西等

更新日 平成25年7月8日ID番号 K351印刷

川西能勢口駅南地区(C地区)

事業概要

  • 事業の名称
    阪神間都市計画事業川西能勢口駅南地区
    第二種市街地再開発事業
  • 施行者
    川西市
  • 地区の所在地
    川西市栄町
  • 事業のタイプ
    駅前整備型
  • 管理処分のタイプ
    地上権非設定型(法第111条)
  • 地区面積
    5.94ヘクタール
  • 総事業費
    38,600百万円
  • 事業期間
    昭和56年度から平成2年度

事業説明

 当地区は川西能勢口新駅の南側にあたり、駅周辺の要となる地区で、公共施設整備の緊急度が高く、また事業区域が広大であったため、市施行で再開発を行った。
 地区の東側半分は、幅員2メートル前後の通路が迷路のように走る住宅密集地で、西側半分は、阪急電鉄のグランドや日通やJA等の倉庫があった。
 工事は、西側部分の空地を利用して住宅街区より着手し、再開発住宅を含む住宅棟が昭和59年5月に完成した。引き続き昭和61年6月に商業街区の工事に着手し、商業ビルの建設と公共施設の整備を行った。
 商業ビルは、西側に百貨店棟、東側に専門店棟を配し、接続部分に3層吹き抜けの買物広場を設けた。専門店棟にはコミュニティセンターとしての要素もあわせもつ市立中央図書館や多目的ホール等も配置している。公共施設は、駅前広場、アクセス道路の整備、国・県道の拡幅を行い、同時に新駅とJR川西池田駅間の利便性を図るためのペデストリアンデッキを築造した。
 昭和63年度末に完成し、商業ビルは「アステ川西」として平成元年4月4日オープンした。


川西能勢口駅南地区(C地区)配置図
昭和54年
平成2年
平成元年4月4日完成アステ川西と阪急川西能勢口駅間のペデストリアンデッキ
公共施設・施設建築物概要表
百貨店棟・専門店棟・公共施設の様子

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 都市政策室
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1180 ファクス:072-740-1323
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン