エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報まちづくり駅周辺再開発事業等について › 連続立体交差事業 川西能勢口駅付近


ここから本文です。

連続立体交差事業 川西能勢口駅付近

更新日 平成25年7月8日ID番号 K348印刷

川西能勢口駅付近

事業概要

  • 都市計画決定
    昭和55年3月(昭和61年7月一部変更)
  • 都市計画事業認可
    昭和55年10月
  • 阪急電鉄
    宝塚線延長946メートル
  • 能勢電鉄
    妙見線延長889メートル
  • 除去される踏切
    宝塚線3ヶ所
    妙見線5ヶ所
  • 立体交差する道路
    宝塚線5ヶ所
    妙見線4ヶ所
  • 都市計画道路
    17路線
  • 概算事業費
    441億円
  • 事業期間
    昭和55年度から平成9年度

事業説明

 駅周辺の交通問題の解消を図ることと阪急電鉄宝塚線および能勢電鉄の輸送力の増強を前提として、利便性・安全性・経済性等から検討した結果、鉄道を高架化し、現駅を170メートル西へ移動することになった。
 事業延長は、阪急電鉄宝塚線で946メートル、能勢電鉄で約889メートルである。
 一方、JR川西池田駅は、福知山線の複線電化に伴い、昭和57年に東へ約300メートル移設され、川西能勢口駅との駅間の利便性を図り、両駅前には、これにふさわしい機能をもった駅前広場を築造した。


連続立体交差事業計画図
駅南側
JR川西池田駅前広場
阪急電鉄断面図
川西能勢口駅舎
断面図
能勢電鉄断面図

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 都市政策室
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1180 ファクス:072-740-1323
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン