エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳くらし消費生活こんなトラブルありませんか? › 未公開株・社債のトラブルが増えています


ここから本文です。

未公開株・社債のトラブルが増えています

更新日 平成25年7月5日ID番号 K10721印刷

「必ず儲かりますよ」

未公開株や社債の勧誘を巡っては、特に高齢者の方を中心にトラブルが発生しています。

■■ 事例 ■■
A社から「B社の未公開株を持っていませんか。B社は上場間近なので必ず値上がりする。購入価格は1株20万円だが60万円で買い取ります」と電話がかかった。
その後B社から「我が社の社債(未公開株)を買いませんか」と電話があり、B社の未公開株を持っていれば儲かると思ったので購入を申し込み代金を支払った。

このような勧誘の手口を『劇場型』と呼び、複数の業者が登場し契約を結ばせます。
「数倍の値段で買い取る」と言っていたA社とも、発行会社であるB社とも連絡が取れなくなったというケースが増えています。
この他にも過去に未公開株の被害にあった消費者に対して「過去の未公開株を買い取るが、代わりに別の未公開株を買う必要がある」と言って契約させる『二次被害型』という手口など、巧妙になっています。

■ アドバイス ■■
一度払ってしまった代金を取り戻すのは困難です。
「あなただけが儲かる」ようなうまい話はないので、きっぱりと断わりましょう。
過去に未公開株を購入した方は二次被害にあわないよう注意してください。(2011年2月) 


  • 金融庁から
    実例で学ぶ「未公開株」等被害にあわないためのガイドブック(PDF版)が
    発行されてます。
    ご活用ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

消費生活センター
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1167 ファクス:072-740-1168
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン