川西市住宅耐震改修促進事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002349  更新日 平成31年2月14日 印刷 

川西市住宅耐震改修促進事業

 この事業は、阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、安全・安心なすまい・まちづくりを推進するため、住宅の耐震改修工事を実施する市民に対し、耐震改修工事などに要する費用の一部を補助するものです。

お知らせ

 平成30年度の住宅耐震改修促進事業の申請は終了しました
 平成31年度の制度実施については未定です。決まり次第、本ページに掲載する予定です。

事業内容

 市では、耐震改修工事などを行う昭和56年5月以前に着工された住宅の所有者の方に対して、その費用の一部を補助します。補助事業は内容により、次の7種類があります。
 なお、平成29年度より住宅耐震改修工事費補助簡易耐震改修工事費補助屋根軽量化工事費補助を受ける場合には、住宅改修業者登録制度に登録している事業者との契約が必要となりますのでご注意ください。詳しくは、「川西市住宅耐震改修促進事業リーフレット」をご覧ください。

住宅耐震化補助の種類と補助金額
種類 評点(木造の場合) 補助金額
住宅耐震改修計画策定費補助 1.0未満
  • 戸建住宅:対象費用の3分の2上限額20万円
  • 共同住宅(長屋住宅を含む):対象費用の3分の21戸ごとに12万円を限度
住宅耐震改修工事費補助 1.0未満
  • 戸建住宅:定額
    対象費用が50万円以上の場合は補助額30万円
    対象費用が75万円以上の場合は補助額40万円
    対象費用が100万円以上の場合は補助額60万円
    対象費用が150万円以上の場合は補助額80万円
    対象費用が200万円以上の場合は補助額100万円
    対象費用が300万円以上の場合は補助額130万円 
  • 共同住宅(長屋住宅を含む):対象費用の2分の11戸ごとに40万円を限度) 
簡易耐震改修工事費補助(部分型) 0.7未満 定額50万円
屋根軽量化工事費補助(部分型) 0.7以上1.0未満 定額50万円
シェルター型工事費補助(部分型) 1.0未満 定額50万円
建替工事費補助 1.0未満 定額100万円
防災ベッド等設置助成 1.0未満 定額10万円

 ひょうご住まいの耐震化促進事業の工事実績(耐震改修工事費の目安耐震改修工事実績)については、次の兵庫県建築指導課のページをご参照ください。

住宅改修業者登録制度

 兵庫県では、安心して住宅改修業者を選択することができる環境を整備するため、住宅改修業を営む者を登録し、住宅改修工事の請負の実績、その他の情報を県民のみなさまに公開する「住宅改修業者登録制度」を実施しています。
 平成29年度から、「川西市住宅耐震改修促進事業」の対象となる耐震改修工事は、兵庫県「住宅改修事業の適正化に関する条例」に基づく住宅改修業者登録制度へ登録し、かつ、補助実績の公表に同意した事業者との契約が必要です。

フェニックス共済(兵庫県住宅再建共済制度)

 兵庫県では、阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、住宅再建共済制度を行っています。「川西市住宅耐震改修促進事業」の補助金申請にあたっては、兵庫県住宅再建共済基金への加入が条件となっています。詳しくは、「公益財団法人 兵庫県住宅再建共済基金ホームページ」をご覧ください。

耐震改修に関する税控除

所得税の特別控除
 一定の要件を満たす住宅の耐震改修を行った場合に、耐震改修の標準的な費用額の10%相当額が所得税額から控除されます。詳しくは、「国税庁ホームページ」をご覧ください。

固定資産税の減額
 一定の耐震改修工事を行った住宅は、申告により固定資産税が減額されます。詳しくは、「資産税課ホームページ」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市政策部 住宅政策課

〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所5階
電話:072-740-1205 ファクス:072-740-1317
都市政策部 住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。