エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳くらし防災・防犯防災 › 東日本大震災に伴う派遣職員報告会を開催しました


ここから本文です。

東日本大震災に伴う派遣職員報告会を開催しました

更新日 平成29年8月17日ID番号 K22357印刷

 平成23年3月11日に東日本を襲った大震災の傷跡はいまだ大きく、現在も復興に向けた取り組みが行われています。
 かつて、本市も阪神・淡路大震災で大規模な被害を受け、多くの応援・支援をいただいたこともあり、これまで、宮城県女川町や南三陸町などに被災地の支援として職員を派遣しています。
 派遣した職員は、大規模災害の現場で直接復興業務に携わることで多くの事を学んで帰ってきており、本市職員として震災派遣職員が得た知識・経験を共有することは、今後、各部署において業務を進めるうえで非常に有用なものと考えています。
 8月19日には、平成28年度に宮城県女川町及び同県南三陸町に派遣した職員から、災害復旧業務内容から生活環境、地域との関わり等の報告がありました。
 また、両町では、各事業での進捗率が年々上がるにつれ、国の補助事業の申請件数等もこれまでに比べると倍以上になっており、限られた人数で働いている町職員が住民を支えるためには、今後も職員派遣の必要性が、さらに大きくなっていくものと思われます。
 今後も震災復興は続きますが、一日でも早い復興を願い、支援を行っていきます。


報告会状況

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理室
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1145 ファクス:072-740-1320
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン