エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳子ども・教育青少年健全育成若者を元気に!!「かわにしYESプロジェクト」畑・里山プログラム › 平成23年度 畑プログラム 活動報告


ここから本文です。

平成23年度 畑プログラム 活動報告

更新日 平成24年4月4日ID番号 K11572印刷

畑プログラムの活動報告

プログラムでお借りした黒川地区の畑

15歳~29歳の若者を対象に、自然豊かな黒川地区の畑をお借りして、実施した畑プログラム。
平成23年9月中旬から11月下旬にかけて、自然豊かな黒川地区の畑で、大根・白菜・にんじん・ブロッコリーを育てる、農作業体験を行いました。
この農作業体験により、若者が働くことの意味や意義を認識する機会となることを期待して実施しました。


第1回(9月11日)

大根の種を蒔き、白菜の苗を植えます

大根の種まきと肥料やり、ブロッコリーと白菜の苗植えをしました。
まずは、種や苗を入れるためにマルチ(黒いビニール)に穴を開けます。キレイな丸に切るのは案外難しい。
この日、一番難しかったのは、白菜の苗の植えつけ。根を崩さないようにそーっと植えていきます。


第2回(9月25日)

大根の間引きをし、鍬(くわ)で耕します

第2回は、前回に植えた大根の芽の間引きと、土を耕す作業です。
大根は3つの種を植え、芽が出たものから元気で大きな芽を1つ残して、他の芽を抜きます。その後、肥料やりをしてさらに栄養を与えます。
午後からは、しばらく使っていなかった畑の、土を耕し肥料を入れる作業をしました。
普段は耕運機で土を耕しますが、 今日は鍬(くわ)を使って耕しました!
こんな風に道具と体だけでやるのもいいですね。


第3回(10月23日)

ネットを取り、虫を退治し、大根を収穫!!

10月に入り、畑プログラムも後半に突入しました。
今回は大きくなってきた野菜の細かい手入れをしていきます。
まずは、ブロッコリーにかかっていたサンサンネットを外します。ブロッコリーがかなり大きくなってきたので、窮屈になってきたようです。ネットのおかげで虫食いがそれほど無く、元気に育っています。
そして、白菜と大根の枯れた葉を取り、たい肥を与え、葉にくっついている虫の退治をしました。
 特に白菜は虫食いの穴が前回よりも増えています。
無農薬で野菜を作るとおいしく育つのですが、その分虫退治などの手間がかかってしまうのです。
また、今回は8月に先に植えておいた大根の収穫もしました!!
まっすぐで太かったり、三つ又だったり。大根にも個性があふれていますね。
お味は、帰ってからのお楽しみ。
 みんなで植えた大根もこんな風に収穫できるといいですね!!


第4回(11月12日)

元気な大根と、白菜の収穫、虫食いが目立ちます

今回は、大根やブロッコリは元気に育っていますが、白菜の虫食いの被害があまりにも酷いので、虫に食べ尽くされる前に収穫します。
白菜の収穫はそのまま引き抜くのではなく、根元を包丁で切っておこないます。
虫に食べられた穴だらけの葉や枯れた葉をちぎっていくと、中から柔らかい葉がでてきました。
比較的しっかり育っている白菜は収穫せずに、次回まで様子を見ることにしました。
どうかそれまで元気に育ちますように!!

 


第5回(11月20日)

種から育てた、とれたて野菜たち。試食がたのしみです!

3ヶ月間の畑プログラムもとうとう最終回です。
今回は今まで育てた野菜を収穫し、採りたてを調理して、試食をします。
3ヶ月の間に小さな種や苗からこんなにも大きくなりました。
どの野菜もみずみずしさが感じられます。
大根やにんじんたちは、太かったり、まっすぐだったり、短かったり、三つ又だったりと、個性豊かです。
ブロッコリーの収穫は、茎の下の方を包丁で斜めに切ります。
ブロッコリーはどんなふうにできるのか、想像つかなかったのでは?このブロッコリーは茎も柔らかくておいしいんですよ。
最後は、収穫できるか心配された白菜です。なんとか無事でした!
 
収穫ができたので、場所を黒川公民館に移して調理をします!!今日のメニューは、「カレーフォンデュ」。茹でた野菜を串に刺して、カレーをつけていただきます。
どの野菜も、その野菜本来の味がしっかりしていてとてもおいしかったです。カレーとの相性もバツグン!!
 

畑プログラムの振り返り

 
「幼いころに手伝いでやった畑作業は、収穫など楽しい部分だけ。今回は、雑草抜きなどの細かい手入れもしたので、農業の大変さを少し体験できた」
「野菜に対してありがたみが持てた」
「自分が目指す職業の大変さは見てきたが、農業の体験によりまた違う形の大変さを感じる事ができた」
「若者がもっと農業に関われる方法を考えたらどうか」
「『畑作業は10年やっても、10回しかできない』という、畑をお借りした方からの言葉は、どんな職業にも共通することだと思った」
など、いろいろな話ができました。
 
参加者のみなさんは畑作業を通して、野菜や農業、働くことなどについていろいろなことを感じられたようです。


このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 こども未来部 こども家庭室 こども・若者政策課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1246
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン