エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳子ども・教育放課後子ども教室 › 川西市放課後子ども教室


ここから本文です。

川西市放課後子ども教室

更新日 平成27年12月7日ID番号 K18556印刷

川西市放課後子ども教室とは!?

放課後子ども教室の様子
各地区で行われている教室の様子

子供たちに関わる重大事件の続発など、青少年の問題行動の深刻化や地域や家庭の教育力の低下等の緊急的課題に対応し、未来の日本を創る心豊かでたくましい子供を社会全体で育むため、文部科学省では、平成16年度から平成18年度まで緊急3か年計画として「地域子ども教室推進事業」を実施しました。具体的には、地域の大人の協力を得て、学校等を活用し、緊急かつ計画的に子供たちの活動拠点(居場所)を確保し、放課後や週末等における様々な体験活動や地域住民との交流活動等を支援するものです。
その後、平成19年度より、「地域子ども教室推進事業」を踏まえた取組として、国の支援の仕組みを変更した補助事業である「放課後子ども教室推進事業」を創設しました。本事業は、小学校の余裕教室・公民館等を活用して、地域の多様な方々の参画を得て、子供たちとともに行う学習やスポーツ・文化活動等の取組を支援しています。
川西市では、平成19年度に明峰小・陽明小校区をモデル校として実施し、平成23年度に全16小学校区で実施しており、平成26年度には、川西市内で年間1,400日以上の教室の開催を行っています。各小学校区ごとに、開催日数は異なりますが、将棋・囲碁・お花・お茶などの体験教室から、ドッジボール・ダンス・グラウンドゴルフなどの運動教室、英語・ハングル語・理科実験教室などの学習教室をたくさんの教室が行われています。


各地区で行われている放課後子ども教室の紹介

遊びの広場(清和台小学校区)

遊びの広場
遊びの広場の様子

清和台小学校区で行われている「遊びの広場」では、プレイルームのような広い部屋でのびのび遊びをする教室をされています。また、別室では、「将棋教室」もされていて、子どもたちの安心・安全な放課後の居場所を確保されています。
この日の参加児童数は少ないですが、風船やお手玉等を使って、汗まみれで遊んでいました。


将棋交流戦 (陽明小・緑台小学校区共催)

将棋交流戦
将棋交流戦の様子

「将棋交流戦」は、年に1度行われている交流戦で、陽明わくわくクラブ「将棋教室」と緑台小子ども教室「将棋教室」に参加する児童が、各々の小学校の威信をかけて対局をする真剣勝負です。本年度は、2年生~6年生までの児童15名ずつが参加し、4回戦での合計点で競いました。試合に勝つと1ポイント、引き分けは双方に0.5ポイント入ります。
前半戦は、陽明小・緑台小ともに譲らない接戦で、3回戦に大きく緑台小がポイントを引き離したのですが、最後の4回戦で、陽明小が逆転し、みごと2連覇で終わりました。

中学校区での、年に1度の真剣勝負!!日頃の教室での活動の糧になるので、とても素晴らしい取組だと思いました。また、企画運営してくださった地域の皆様、学校関係者の皆様 ありがとうございました。


きんたくんダンス教室 (桜が丘小学校区)

きんたくんダンス教室
きんたくんダンス教室の様子

桜が丘小学校区放課後子ども教室で行われている「きんたくんダンス教室」は、本年度から新たに開設された教室で、この日は、10名程度の児童が参加していました。
「きんたくんダンス」を含めた3曲で、ダンスを披露してくれました。校長先生や地域の方も来られていましたが、「とてもかわいらしいダンスでした。」と感想が出るほど、上手でかわいらしいダンスでした。
2月に老人ホームでのお披露目会があるそうで、一生懸命・元気いっぱいに練習をしていました。

教室での練習を、地域に披露し、児童と地域が密接につながっている様子がうかがえました。


フラワークラブ(久代小学校区)

フラワークラブ
フラワークラブの様子

久代小学校区放課後子ども教室で行われている「フラワークラブ」は、例年行われている教室で、この日は10名程度の児童が参加していました。
学校の花壇に、チューリップを植える作業をしました。赤・白などの色を、どのようにレイアウトしたらよいか、児童同士で考えて植えつけをしていました。

見守りたいの方も交えて、楽しいひと時でした。


そろばん教室(清和台・清和台南小校区)

そろばん教室
そろばん教室の様子

清和台小・清和台南小学校区放課後子ども教室で行われている「そろばん教室」は、例年行われている教室で、本年度は、小学1年生~5年生までの児童30名ほどが参加しています。清和台自治会館で、講師5名が指導されています。
内容は、「そろばんの基本」から「掛け算・割り算」まで、各児童に合わせて指導されていました。この教室で、そろばんの楽しさを知り、さらにそろばん塾に通う児童もいたそうです。
「地域の見守り」から「地域での教育」に進んでいる清和台地区の素晴らしさが伝わりました。


囲碁教室(陽明小学校区)

囲碁教室
囲碁教室の様子

陽明わくわくクラブで行われている「囲碁教室」は、例年行われている教室で、本年度は男女20名程度が参加していました。主に低学年が中心で、地域の指導者の方が「囲碁の楽しさ」を丁寧に教えられていました。
前半は、指導者の方が黒板を使ってクイズ形式で、児童に碁の置き方を指導されていました。後半は、1対1で対戦形式で、囲碁を楽しんでいました。
PTA役員の方も多数参加していただき、和やかな雰囲気の囲碁教室でした。


手話教室(明峰小学校区)

手話教室
手話教室の様子

明峰子ども教室で行われている「手話教室」は、毎週明峰ホールで行われている教室で、この日は、男女20名程度の児童が参加していました。
最初に、2学期1回目の手話教室ということもあり、知っている手話で「夏休みの思い出」をみんなの前で伝えていました。その後、グループに分かれて、手話の練習をしていました。
手話の先生も、とても丁寧に指導され、子どもたちも楽しんで手話を学んでいました。


日舞教室(清和台小・清和南小学校区)

日舞教室
日舞教室の様子

清和台小学校区・清和台南小学校で行われている「日舞教室」は、毎年女児に人気の教室で、3月に行われる「日舞のお披露目会」にむけて、1年間かけて練習しています。
今年も、低学年のグループと中・高学年のグループとに分かれて練習をしていました。それぞれ浴衣を着て、一生懸命練習をしていました。

地域の舞踊の先生もたくさん参加していただき、丁寧な指導をされていました。3月のお披露目会が楽しみです。


百人一首教室(明峰小学校区)

百人一首教室
百人一首教室の様子

明峰子ども教室で行われている「百人一首教室」は、毎年恒例で子どもたちに人気の教室です。この日は、小学1年生~4年生までの男女15名ほどが参加していました。
まず、百人一首の詠み合わせをして、その後1対1でするグループ、団体でするグループに分かれ百人一首を楽しんでいました。どの児童も、慣れた手つきで活動をしていました。
地域のボランティアの方もたくさん参加されていて、放課後子ども教室の目的通り「安全・安心な放課後の生活」が保たれていました。


折り紙教室(川西北小学校区)

折り紙教室
折り紙教室の様子

川西北小学校区で行われている「折り紙教室」は、毎年実施される人気の教室です。本年度も、抽選で選ばれるほど児童に人気の教室です。本年度は、24人の1年生~6年生の児童が参加していました。
思い思いに課題を見つけて、その課題を作り上げようと一生懸命作っていました。地域の方も、7名ほど参加され、児童の補助や見守りをされていました。

地域と児童が、安心して過ごせる居場所になっていました。

 


遊び教室(明峰小学校区)

遊び教室
遊び教室の様子

明峰小学校区で行われている「遊び教室」では、毎週金曜日に開催されています。この日は、参加者が低学年~3年生の日でした。男女40名近くが参加していました。
1年生は、「中当て」をして、2年生~3年生は、「ドッジボール」をしました。それぞれ楽しく活動をしていました。地域の指導員の方に加えて、学校の先生も参加され、明峰小学校と地域のつながりが見られた教室でした。


南京玉すだれ教室(けやき坂小学校区)

南京玉すだれ教室
南京玉すだれ教室の様子

けやき坂小学校区で行われている居場所付きり教室で、月に1~2回いろいろな内容で教室を開設されています。「工作教室」や「吹き矢体験教室」などユニークな教室がたくさんあります。今回は、「南京玉すだれ教室」として、日本の伝統芸能に触れ合うための教室を開催されました。
この日は、男女35名を超える参加者で、指導者の演技を見たり、実際に南京玉すだれを体験し、いろいろな技を練習するなど、楽しい1時間となりました。


ペットボトルロケットを作ろう(川西小学校区)

ペットボトルロケットを作ろう
「ペットボトルロケットを作ろう」の様子

川西小学校区で行われている「ペットボトルロケットを作ろう」は、夏休み限定の教室です。身近にある2Lのペットボトル2本と、牛乳パックだけを使い、本格的なペットボトルロケットを作りました。
ボランティアに、地域の方も多数参加していただき、また親子での参加も多く、児童以上に保護者の闘志に火をつけたグループもありました。
最後に、運動場でロケットを発射させました。グネグネ飛ぶロケットや、運動場の端から端まで飛ぶロケット、残念ながらあまり飛ばないロケットまで、いろいろでしたが、参加者全員笑顔で終わりました。


お茶タテ教室(北陵小学校区)

お茶タテ教室
お茶タテ教室の様子

北陵小学校区で行われている「お茶タテ教室」は、夏休み限定の教室で3日間開催されます。毎年恒例で、地域で「茶道」を教えられている方を講師にお迎えし、お茶の作法を体験していました。
この日は、座ったり立ったりする際の作法やお茶菓子のとり方や食べ方を中心に体験していました。
参加者も、保育園児~小学校高学年まで幅広い年代の参加でした。「おもてなし」の心を体験し、学べた教室でした。


軽スポーツ教室(桜が丘小学校区)

軽スポーツ教室
軽スポーツ教室の様子

桜が丘小学校区で行われている「軽スポーツ教室」は年間8日間の予定で開催されています。
この日はスローイングビンゴを行いました。ルール説明から子ども達は真剣な表情で先生方の話を聞いていました。1チーム5名程度で交互に手玉を投げ、1列のビンゴを目指します。子どもたちは一投ごとに歓声や失敗による落胆の声を上げ、ゲームにのめり込んでいる様子が伺えました。
試合後のあいさつなど礼儀面も先生方より教わり、楽しさの他にチームプレイの大切さや礼儀など、子どもにとって収穫の多い一日となった教室でした。
 


漬物体験教室(北陵小学校区)

漬物体験教室
漬物体験教室の様子

北陵小学校区で行われている「漬物体験教室」は、夏休み限定の教室で1日のみの開催で行われています。毎年恒例で、大阪スローフーズ協会から講師をお迎えし、きゅうりのぬか漬けを体験していました。
この教室は、東谷地区の青少年育成市民会議の役員も参加され、地域一帯となって体験学習をされていました。

ぬか漬けをした後は、ご飯と漬物で美味しいお昼ご飯を食べました。地域が一緒にご飯を食べるもの、地域の連携を作る上で、良いことだなと考えさせられました。


わんぱく理科教室(加茂小学校区)

わんぱく理科教室
わんぱく理科教室の様子

加茂小学校区で行われている「わんぱく理科教室」は、加茂小学校の4年生を対象に行われています。6月から2月まで月1回、計9回のカリキュラムを組んで、毎回楽しい理科教室を開催しています。

今回のテーマは「ペットボトルロケットを飛ばそう」で、1人ずつロケットを作りました。講師の方が遠くまで飛ぶロケットの作り方を丁寧に指導されていて、子どもたちは難しいと言いながらもしっかりと完成させていました。そして最後には、全員が完成させることができてからグラウンドに出て、ロケットを飛ばしていました。

真夏のつらい暑さが吹き飛ぶ、とても楽しい理科教室でした。
 


将棋教室(明峰小学校区)

将棋教室
将棋教室の様子

明峰小学校区で行われている「将棋教室」は、夏休みに計5日間、1年生から6年生までの児童を対象に行われています。明峰地区の有志の方々が講師となり、作法等の基礎から対局のルールまで、指導されています。

この日は30人ほどの児童が参加しており、学年や性別関係なく、自由に対局をしていました。お友達と和やかなムードで対局している児童もいれば、講師の方と真剣な面持ちで対局している児童もいて、それぞれの楽しみ方で将棋を楽しんでいる印象を受けました。
また、試合が終わり対局相手を探している児童がいたら、すかさず講師の方が声をかけて組み合わせを決めており、児童の集中力を切らさないよう工夫されていました。

地区の方々の協力のもと、子どもたちの楽しそうな表情や真剣な表情、悩む表情など、様々な側面を見ることのできる、充実した子ども教室でした。
 


夏休み科学実験教室(北陵小学校区)

夏休み科学実験教室
科学実験教室の様子

北陵小学校区で行われている「夏休み科学実験教室」は、夏休み限定の教室で1日のみの開催で行われています。毎年恒例で、県立川西北陵高等学校自然科学部の生徒さんを講師に迎え、空気砲など5つの実験を体験します。今年は、男女25名ほどの児童が参加し、いろいろな実験を通して高校生から科学の面白さを教わりました。

地域の高校のご協力のおかげで、児童にとっても小学校では習えない科学の面白さを味わえたと思います。


お花教室(緑台小学校区)

お花教室
お花教室の様子

緑台小学校区で行われている「お花教室」は、夏休み限定の教室で計3日間開催されています。地域で生け花を教えられている方を講師にお迎えして行われています。この日は、1年生~6年生の男女15名ほどが参加して、「トクサ」「ひまわり」「ヒペリカム」の3つの花を使って、生け花を楽しみました。

子どもたちの独創的な生け花に、驚かされました。日本の伝統文化を体験し、子どもたちも大満足でした。


囲碁教室(緑台小学校区)

囲碁教室
囲碁教室の様子

緑台小学校区で行われている「囲碁教室」は、夏休み限定の教室で計5日間開催されています。地域で囲碁をされている方を講師に、経験者グループと初心者グループに分かれて行われています。この日は、男女7人の児童が参加していました。

囲碁をオセロと勘違いしてしまう児童に対しても、地域の方が丁寧に違いを教えられ、マンツーマンで指導されていました。毎年参加している児童もいて、地域での「囲碁教室」の知名度がうかがえる教室でした。

地域の方が、孫ほどの児童と仲良く囲碁をさされている様子が、ほのぼのとしていてよかったです。


お茶教室(緑台小学校区)

お茶教室
お茶教室の様子

緑台小学校区で行われている「お茶教室」は、夏休み限定の教室で計5日間行われます。講師に地域のお茶の先生と多田中学校茶道部の生徒さんを招いて行われています。
この日は、小学1年生~6年生までの男女30名ほどの児童が参加し、多田中学校茶道部の生徒さんが、小学校低学年の児童に一生懸命教えているのが印象的な教室でした。どの児童も、心を落ち着かせて、お茶の作法を学んでいました。

地域の方だけでなく、中学校も一緒になって行われている緑台小学校区の「お茶教室」は、まさに「川西の地域力」が示されている教室と思いました。


習字教室の様子について(清和台小・清和台南小校区)

清和台地区子ども教室
習字教室の様子

清和台小・清和台南小校区の放課後子ども教室では、年間8日間の予定で「習字教室」を開催しています。この日は、男女6名程度の児童が教室に参加していました。
この「習字教室」では、子どもたちが、その日練習したい字を決めて、取り組んでいました。

まずは、「習字を好きになってほしい」「習字に親しんでほしい」という地域の想いが感じられた教室でした。


このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 教育推進部 まなび支援室 地域こども支援課 
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1215
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン