エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市長の部屋 › 市長メッセージ


ここから本文です。

平成30年2月8日市長メッセージ

更新日 平成30年2月8日ID番号 K3067印刷

“健幸”都市かわにしの実現に向けて

   本市は、「健幸まちづくり条例」を施行し、多岐にわたる健康に関する取り組みを積極的に進めています。また、“健幸”をまちづくりの基本に据えた、新しい都市モデル「Smart Wellness City」の構築をめざす首長が集まる“SWC首長研究会”に参画し、同研究会で先進事例の一つとして本市の成果を発表するなど、様々な主体との連携や情報交換を行っています。
 先月の30日、31日に第17回SWC首長研究会が開催され、国や自治体、民間事業者などの発表が行われました。健康を運動やスポーツ、食だけでなく、自然と外にでかけたくなるよう、まちのガーデニングや音楽と結び付けたユニークな事例や、データ分析の手法など、参考になる取り組みをたくさん知ることができました。あらためて健康を切り口に、長期的な視点を持って様々なまちづくり施策を展開することの重要性を感じました。
 市では、来年度から、市に連携・協力してくださっている筑波大学大学院の久野譜也教授が、30年4月から開始する「SIB(Social Impact Bond)を活用した自治体連携ヘルスケアサービス構築プロジェクト」に、新潟県見附市、千葉県白子町と連携して取り組む予定としています。同30日には、筑波大学久野研究室が記者会見を行い、ヘルスケアサービスを提供する民間企業や金融機関の代表者、見附市長、白子町長と一緒に私も出席しました。この先駆的なプロジェクトに参加することで、より多くの市民の皆さんに「健幸マイレージ」に参加していただけるよう取り組んでいきたいと思います。
 今後も新たな取り組みにチャレンジしながら、市民の皆さんが健やかで幸せに暮らせる“健幸都市かわにし”の実現に努めていきたいと思います。


shicyo

バックナンバー

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 かわにし魅力推進室(魅力・観光戦略担当)
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所4階
電話:072-740-1121
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン