エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳ごみ・環境ごみ減量・リサイクル › 生ごみ処理機等購入費助成の案内


ここから本文です。

生ごみ処理機等購入費助成の案内

更新日 平成29年11月21日ID番号 K681印刷

生ごみ処理機等を購入する場合、半額助成します(限度額1万円)

対象

  • 川西市民で、生ごみからできた堆肥を自家処理できる世帯の人。
  • 過去5年以内にコンポスト化容器などの助成金交付を受けていない世帯。

助成額

購入価格(消費税を除く)の2分の1
限度額 10,000円


対象機種

1 生ごみ処理機

助成対象台数 1世帯1機


2 土上設置型コンポスト化容器

助成対象台数 1世帯2基(同一機種)


3 密閉式コンポスト化容器 (EMボカシ菌使用のもの)

助成対象台数 1世帯2基 (同一機種)
初回のみ、限度額の範囲内でEMボカシ菌2袋まで助成対象。


4 その他の生ごみ減量、堆肥化による再利用ができる機器

助成対象及び台数は、1、2、3に準ずる。


手続き

  • 助成金の予算額が限られていますので、あらかじめ美化推進課に電話などで予約してください。(電話 744-1170)
  • 予約後、14日以内に購入し、申請書兼請求書に領収書を添えて提出してください。
    (原則としてレシートは受付できません。)
    領収書には、商品名、販売店名・印、購入年月日を明記してもらってください。
    • 販売店の市指定はありません。
    • インターネットショッピングやオークションで購入される場合も助成要件を満たせば申請できますので、ご予約の際にご相談ください。

        

 


  • 約1ヶ月後、交付決定通知書を送付し、指定口座に振り込みます。

 


その他

  • 不正な手段により、助成金の交付を受けたことが判明した時は、交付した助成金を返還していただきます。
  • 処理機等に関するアンケート調査等に協力していただくことがありますので、ご了承願います。
  • 一度、助成を受けると5年間は同一世帯の人は再申請できません。 

 


コンポスト化容器で生ごみを肥料に
できた肥料は庭やプランターで使いましょう

生ごみ処理機等の主な種類

生ごみ処理機

生ごみ処理機
生ごみ処理機

特徴  
庫内にバイオチップなどの基材を入れ、微生物の力で生ごみを分解する型と、生ごみに熱をかけ、カサや重量を減らす型があります。生ごみを約1日で消滅します。

  • 価格  3万円から7万円
  • 維持費  電気代 1ヶ月につき約300円から1,200円
  • 基材代  2ヶ月から6ヶ月につき約1,600円から2,500円
    (使用しない機種もあります。)
  • 取扱店 電気店など

土上設置型コンポスト化容器

土上設置型コンポスト化容器

特徴  
土の中のバクテリアの働きによって、生ごみを発酵、分解します。堆肥として使えるようになるには、めやすとして夏期で3ヶ月、冬期で6ヶ月ぐらいかかります。

  • 価格 4千円から2万円
  • 設置場所 庭や畑などの土の上
  • 取扱店   農協、ホームセンターなど

密閉式コンポスト化容器

密閉式コンポスト化容器

特徴
生ごみ投入時にEMボカシ菌を振りかけます。菌の作用で生ごみが発酵します。堆肥化の所要日数は、めやすとして夏期で1週間、冬期で2週間ぐらいです。

  • 価格  2千円から5千円
  • 維持費  EMボカシ菌代 1キログラムにつき400円
    (使用量によって異なります。)
  • 取扱店  農協、ホームセンターなど

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

美化環境部 美化環境室 美化推進課(ごみ減量業務)
〒666-0011 川西市出在家町1番11号
電話:072-744-1170
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン