エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳福祉・介護・健康地域福祉 › 川西市地域福祉市民フォーラム


ここから本文です。

川西市地域福祉市民フォーラム

更新日 平成29年9月8日ID番号 K17525印刷

「川西市地域福祉市民フォーラム」の特集ページです。

第12回川西市地域福祉市民フォーラムを開催します

「地域福祉計画~笑顔でつながるまちづくり~」をテーマに開催します。皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください!ご来場をお待ちしております。

日時 : 平成29年9月29日(金) 13時半~16時

場所 : 川西市文化会館大ホール(川西市丸の内町5-1) 阪急バス「丸の内町」バス停下車すぐ

内容 : 地域福祉計画にかかる説明や基調講演、パネルディスカッションなど。


第11回 川西市地域福祉市民フォーラムを開催しました。

ご参加いただきました多くの皆さま、本当にありがとうございました。

 平成28年1月30日(土)13:00~関西学院大学 教授 牧里 毎治氏をお迎えし、アステホールで開催いたしました。
 当日、予定していた参加者を超える方々がお越しになられました。立ち見をされた方、資料がなかった方には、本当に申し訳なく思っております。
 大多数の方々が、最後までフォーラムにお付き合いいただきました。本当に感謝いたしております。
 また、当日の資料が必要な方には、コピーしたもの(資料のみ)をお渡しすることができますので、福祉政策課へお気軽にお申し付けください。

 


当日のプログラム

午後1時00分 開会

午後1時30分 講演会「無縁社会への挑戦…コミュニティソーシャルワークを考える」 

            (講師:関西学院大学 教授 牧里 毎治 氏)

(1)福祉の制度の狭間にある人(生活困窮者)とは

(2)生活困窮者自立支援事業にみる生活支援サービスとは

(3)自立支援法成立に至る経緯

(4)CSW(地域福祉コーディネーター)配置…大阪府の場合

(5)問題解決の協働行動と「協働空間」…豊中市の取組み

(6)CSWの仕事とは

(7)市民(住民)の皆さんへの期待…無縁社会・社会的孤立への挑戦

午後2時00分 緑台高校ダンス部 披露

午後2時15分 各地域での取組み事例発表

午後3時10分 意見交換会(コーディネイト 牧里 毎治 教授)

午後4時00分 閉会

 


牧里教授講演にて
関西学院大学 教授 牧里 毎治先生の講演 
みんなの店
「みんなの店」では今年も雑貨やコーヒーの販売で盛況でした。
地区福祉委員会展示パネル
市内14地区の福祉委員会の皆さまが展示パネルにて地域での活動を紹介されました。
川西緑台高校ダンス部
川西緑台高校ダンス部によるダンス披露
東谷福祉委員会より
いつまでも安心して住める地域を目指して(東谷地区福祉委員会 委員長 片峰 純子 氏)
GH地区より
三世代交流ロボットサッカー(グリーンハイツ地区福祉委員会 委員長 田尻 征 氏)
明峰小地区より
目指すは現代版「向こう三軒両隣」(明峰小地区福祉委員会 副委員長 植杉 軍市 氏)
意見交換会
事例発表後、会場の皆さんを含めた質疑応答と意見交換の時間がありました。

※この事業は、兵庫県のユニバーサル社会づくり推進地区活動費助成事業補助金を活用しました。


第11回 川西市地域福祉市民フォーラム

~ 無縁社会への挑戦・・・コミュニティソーシャルワーク(CSW)を考える ~

講師の牧里毎治先生です
講師 : 関西学院大学 人間福祉学部 教授 牧里毎治 先生です。

 「制度の狭間って何?」 

 今、福祉の制度の狭間で悩み、苦しんでいる方々がいます。 

その方々は、ひそかに、支援の手を待っています。 

 そこで、民生委員児童委員、福祉委員、社会福祉協議会などで結成した

地域福祉市民フォーラム実行委員会が、

牧里先生を講師にお迎えし、みんなで考えてみようと企画しました。 

 みんなで考えれば素敵なアイディアが飛び出すかもしれません・・・・・

 


このフォーラムでは、地域の先駆的な取組事例を紹介します。

いつまでも安心して住める地域を目指して
  発表者: 東谷地区福祉委員会 委員長 片峰 純子 氏 

三世代交流ロボットサッカー
  発表者: グリーンハイツ地区福祉委員会 委員長 田尻 征 氏 

目指すは現代版「向こう三軒両隣」
  発表者: 明峰小地区福祉委員会 副委員長 植杉 軍市 氏

 

 


日程・会場

日時: 平成28年1月30日(土)13:00~

 会場: アステホール(アステ川西6F)

 定員: 400人 手話通訳 要約筆記あり  参加費無料

 

「みんなの店の出店」「兵庫県立川西緑台高校ダンス部も出演」

 当日、川西市見守り協力事業者ネットワーク事業協力事業者協定締結式を開催します。

 


第10回 川西市地域福祉市民フォーラム記録集(平成26年度)

フォーラムの記録集ができあがりました。せひご覧ください

意見交換会のパネラーの皆さん
フォーラム意見交換会の様子 講師の先生とパネラーの皆さんです。

第10回 川西市地域福祉市民フォーラム記録集を作成いたしました。
当日の講演や意見交換会の内容、アンケートの集計結果など、魅力的な内容が満載。
参加された皆さまの貴重なご意見は、体系別にまとめてみました。
ぜひ一度ご覧ください。

実行委員会の皆さま、本当にお世話になりありがとうございました。
今回のフォーラムは、第10回ということもあり、とっても盛り上がりました。
「来年も、また、このメンバーでやりたいね」
本当にうれしい一言です。

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがあります。一人では何もできないが、みんなで協力し知恵を出し合えば素晴らしいものができる。今回のフォーラムは、まさしく実行委員の皆さまのお知恵とお力の結集により、素晴らしいものとなりました。

実行委員の皆さま本当にお疲れ様でした。


第10回 川西市地域福祉市民フォーラム開催

 「あなたの住みたい川西はどんなまち」と題し、川西市地域福祉市民フォーラムを開催しました。主催は、地域のかたがたを中心として「川西市地域フォーラム実行委員会」です。当日、開場は、400人のかたがたで大変にぎわいました。
 講師に、流通科学大学 教授 松澤賢治先生をお迎えし、「地域福祉の現状と課題 住み慣れた地域で安心して、自分らしく暮らすために」をテーマにご講演いただきました。
 参加者は、地域福祉の現状とその課題について、先生のご講演を熱心に聞き入っていました。


フォーラム講師講演の様子
流通科学大学 教授 松澤賢治先生の講演
  1. いま、なぜ「地域」なのか
  2. 地域福祉活動、見守り活動推進に必要なものは
  3. 日常的に活動を進めるうえでの課題は
  4. 多様な活動推進プログラム

実行委員長のあいさつ
主催者の「川西市フォーラム実行委員長」のあいさつ
川西市長のあいさつ
「大塩市長」のあいさつです。 
フォーラムの司会は実行委員のかたです。
実行委員のかたに、司会をしていただきました。
会場の様子
会場では、松澤先生の講演を熱心に聞き入っていました。
意見交換会 講師・委員長・司会
松澤先生とパネラー、一般参加者で意見交換をしました。
パネラーのかたがた
地域のかたがたから活発な意見が出されました。
フォーラムの案内の立て看板
第10回 川西市地域福祉市民フォーラムの立て看板です。
みんなの店を店開き
「みんなの店」は大賑わい「あ!これほしいな」

第10回 川西市地域福祉市民フォーラム  あなたの住みたい 川西は どんなまち?

実行委員の手作りによる第10回川西市地域福祉市民フォーラムのチラシ
市制施行60周年記念事業 第10回地域福祉市民フォーラムのチラシ(実行委員作成)

   第10回川西市地域福祉市民フォーラムを開催します。
 地域において、福祉活動でご活躍いただいている民生委員児童委員、地区福祉委員の代表の方々と社会福祉協議会の職員、そして市の職員が実行委員会を結成し、地域福祉市民フォーラムを企画しました。
 川西市は市制施行60周年を迎えました。「あなたの住みたい川西づくり」をめざし、実際の活動の中でのお困りごとやこれからの地域福祉について、松澤先生と一緒に語り合いましょう。

日時

平成26年9月7日(日曜日)午後1時30分~

場所

川西市文化会館大ホール

講師

松澤 賢治さん(流通科学大学 サービス産業学部 サービスマネジメント学科 教授)

内容

講演及び参加者の皆さんとの意見交換など

参加費

無料

地域活動でお困りのかた、地域福祉に関心のあるかた、学生さんなど、どんどんご参加お待ちしております。

同時開催

川西市見守り協力事業者ネットワーク事業協定締結式(午後0時45分~)


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 福祉政策課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所2階
電話:072-740-1172 ファクス:072-740-1311
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン