エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページくらしの便利帳福祉・介護・健康健康・医療予防接種事業子どもの予防接種(個別接種) › 急性灰白髄炎(小児マヒ)不活化ポリオワクチン予防接種


ここから本文です。

急性灰白髄炎(小児マヒ)不活化ポリオワクチン予防接種

更新日 平成25年4月3日ID番号 K21568印刷

〔平成24年9月10日(追加接種は平成24年11月1日)より実施〕

 生ポリオワクチン接種において、ごくまれに、健康被害が発生することから、経口生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに変わりました。


対象年齢
生後3か月から7歳6か月の前日まで
初回接種
回数:20日以上の間隔をあけて3回
追加接種
回数:初回3回目終了後、6カ月以上あけて1回(できるだけ12カ月から18カ月の間隔をあけて)
7歳6か月の前日までに受けてください。

接種の受けかた


今までに受けた回数 不活化ポリオワクチン
を今後受ける回数
受け方
0回の場合 4回 20日以上の間隔をあけて3回接種
3回接種終了後6カ月以上の間隔をあけて1回接種
生ポリオワクチンを1回 3回 20日以上の間隔をあけて2回接種
不活化ポリオワクチンを2回接種終了後
6カ月以上あけて1回接種
不活化ポリオワクチンを1回 3回 20日以上の間隔をあけて2回接種
合計3回接種終了後6カ月以上あけて1回接種
不活化ポリオワクチンを2回 2回 合計3回接種終了後6カ月以上あけて1回接種
不活化ポリオワクチンを3回 1回 合計3回接種終了後6カ月以上あけて1回接種
生ポリオワクチンを2回 0回 接種は終了しています

 なお、入院中などやむを得ない理由により、市外(猪名川町を除く)で接種される場合は、健康被害が生じた場合の補償給付のため、接種時に「予防接種市外実施依頼申請書」が必要です。接種する市区町村によっては有料となることがあります。「予防接種市外実施依頼申請書」は市保健センターで発行しますので、接種前に手続きをしてください。
 


 平成28年4月1日以降接種分より還付があります。詳しくは、「定期予防接種費用を助成します」をご覧ください。


関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健幸政策室
〒666-0016 川西市中央町12番2号 市役所北隣り 保健センター内
電話:072-758-4721 ファクス:072-758-8705
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン