エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ消防救急 › 普通救命講習のご案内


ここから本文です。

普通救命講習のご案内

更新日 平成29年3月22日ID番号 K17349印刷

普通救命講習

普通救命講習ってなに


普通救命講習の様子
  

 私たちはいつどこで怪我をしたり、病気になるかわかりません。
 もし、大切な人が突然倒れたら、あなたは何をしますか?
 それとも何もせずに救急車が到着するのを待ちますか?
 実は救急車が到着するまでには、平均7~8分かかります。倒れた人の呼吸や心臓の動きが止まっている場合、その人が助かる確率はどんどん減っていきます。

 もし、今あなたがこのようなときどうしたらいいかわからなければ、ぜひ普通救命講習を受講してください。
 普通救命講習では呼吸がない人や心臓が止まった人に対して行う心肺蘇生法、AEDの使い方やケガに対する止血などを学んでいきます。
 ここでは普通救命講習について申し込みから実際の講習の流れなどをご紹介いたします。


普通救命講習の種類

普通救命講習にはいくつかの種類があります。
受講料はいずれも無料ですので、興味のあるものを選んでください。



普通救命講習1. 倒れた人が成人の場合を想定して、心肺蘇生法やAEDの使い方などを学びます。3時間のコースです。 普通救命講習2. 内容は普通救命講習1.とほぼ変わりませんが、4時間のコースとなっています。心肺停止状態の人にであう確率の高い職業の人におすすめしています。一般の方も受講可能です。普通救命講習3. 倒れた人が子どもの場合を想定して、心肺蘇生法やAEDの使い方などを学びます。3時間のコースです。 実技救命講習 消防が行うまちづくり出前講座の1時間30分の救急入門コースを受講し、参加証をお持ちのかたを対象に行っています。実技を中心とした2時間のコースです。
  

お申込み方法

  1. 受講する講習をきめます。
  2. 日程表から都合のいい日を決めます。
  3. 普通救命講習受講申込書を印刷して記入します。(消防本部でご記入いただいても結構です)
  4. 消防本部までお持ちください。(1階で受け付けています)
  5. 受付が完了しましたら当日お持ちいただく受講票をお渡しいたします。

普通救命講習申込書が印刷できない、受講したいけど申込みに消防本部までいけない等ご不明な点は消防課(072-759-9980)までお気軽にお問い合わせください。


受講当日の流れ


普通救命講習の一日の流れの写真
  

受付とご挨拶

受講票をお持ちになり、消防本部3階大会議室までお越しください。
開始時間になれば、講習の始まりのご挨拶と、講師の紹介をします。
メインの講師は応急手当指導員の資格を持った職員が担当します。

 

DVD 資料を使う

講習では初めて聞く言葉もたくさんありますが、DVDを観たり、手順や写真を印刷した資料を使って少しずつ説明します。

 

実技 胸骨圧迫心臓マッサージ 

とても大切で重要な胸骨圧迫心臓マッサージです。
方法は簡単ですが、結構体力が要ります。でも自信がないかたでも大丈夫。
講習では、胸骨圧迫心臓マッサージの交代も練習します。
受講生みんなで協力して練習していきます。

実技 人工呼吸

人工呼吸は少し難しいかもしれません。
でも講習では人工呼吸がうまくできると、実際に胸があがる人形を使用していますので、コツがつかみやすくなっています。

実技 AED

AEDは音声が流れて指示されるので、AEDの音声をよく聞きましょう。
胸骨圧迫心臓マッサージをできるだけ中断しない、そして電気ショックをするときは必ず全員離れてからすることが大切です。

 

実技 一連の流れ

ここまでたくさんのことを勉強してきました。
倒れている人を見つけて救急隊に引継ぐまで、一連の流れを練習します。
それぞれのポイントを思い出しながら、たくさん練習します。
他の受講生とチェックしあいましょう。

講話 止血法、窒息時の対応

けがをしたときの出血の止め方、のどにものを詰めてしまった場合の対応についてお話します。

 

質疑応答

川西市の救急救命士たちは、みんな明るく気さくです。
今回の講習での不明点はもちろん、救急のこと、火災や救助のこと、気になることはなんでも質問してください。

 

修了証の発行と講習の終わりのご挨拶

講習の終わりに修了証を発行しますので、記載内容に誤りがないか、確認してください。
またお待ちの間、アンケートにご協力ください。より良い講習にするため、皆さんの意見をお待ちしています。


講習終了後

講習は、受講後2年間隔で再受講されることをおすすめしています。

心肺蘇生法は専門機関で5年ごとに見直されており、数年前と少しずつ手順が変わっています。

(以前受講された手順で心肺蘇生法をおこなっても、間違いではありません)

また、2年毎に受講されることで、手順やポイントを再認識していただくことができます。


きんすけくん
  

「普通救命講習」、名前は難しいですが、

講習はわかりやすく、そして明るく楽しく進めています。

命を救う大切な動きを知るために、ぜひ受講してください。


関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防課
〒666-0017 川西市火打1丁目12番11号
電話:072-759-9980 ファクス:072-757-3379
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン