エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ消防川西市消防本部からのお知らせ › 消火器の注意事項について


ここから本文です。

消火器の注意事項について

更新日 平成27年6月2日ID番号 K7590印刷

消火器の破裂

消火器

消火器の容器が腐食しているものは、使用時に破裂し死傷事故を招く場合があり非常に危険です。
屋外や、湿度の高い場所に置いているものなどで、腐食が発生している場合は廃棄してください。
また、本体の変形やゴムホースに亀裂がある場合なども同様に事故が発生することがあるので廃棄してください。


消火器の廃棄

消火器は粗大ゴミには出せません。また、消防署でも回収は行っていません。

消火器の廃棄については、平成22年1月1日から、消火器をリサイクルする制度(廃消火器リサイクルシステム)の運用が開始されました。

<古い消火器を廃棄するには>

リサイクル窓口へ持ち込むか、又は引き取りを依頼してください。

・引き取りを依頼する場合には、リサイクルシール代と引き取りに係る収集運搬費が必要になります。

<2010年以降に製造された消火器を廃棄するには>

あらかじめリサイクルシールを貼付したものが販売されています。

廃棄する場合は、リサイクル窓口に持ち込むか、又は引き取りを依頼してください。

・引き取りを依頼する場合には、引き取りに係る収集運搬費が必要になります。

・新しい消火器に貼付されるリサイクルシールの有効期限は10年です。

<消火器のリサイクル窓口を探すには>

株式会社消火器リサイクル推進センターのホームページ内にある「リサイクル窓口検索」から検索することができます。

<廃消火器リサイクルシステムについては>

社団法人日本消火器工業会

株式会社消火器リサイクル推進センター

 

 

 


このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒666-0017 川西市火打1丁目12番11号
電話:072-757-9946 ファクス:072-757-3379
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン