エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページよくあるご質問年金・医療保険国民健康保険 › 人工透析をすることになりました。高額な医療費がかかると聞いていますが、支払えないのではないかと心配です。


ここから本文です。

国民健康保険について よくある質問

更新日 平成26年1月9日ID番号 K16071印刷

質問 人工透析をすることになりました。高額な医療費がかかると聞いていますが、支払えないのではないかと心配です。

回答

 人工透析について、医療保険では「特定疾病」の制度があります。
 保険者(川西市)が発行する「特定疾病療養受療証」を医療機関の窓口で提示すれば、透析にかかる一ヶ月の医療費負担を一医療機関ごとに1万円(70歳未満の方で所得が一定額以上の方は2万円)に留めることができます。人工透析を開始する場合は、国民健康保険課へ特定疾病療養受療証の申請を行ってください。申請書には担当医の証明が必要ですので事前に国民健康保険課で申請用紙を取り寄せてください。申請のできる人は世帯主となります。世帯主の人がお越しいただけない場合はご相談ください。
 また、人工透析以外に血友病、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症も「特定疾病」の対象となります。

【手続きに必要なもの】
・保険証 ・認め印 ・医師の証明書付きの申請用紙

難病等を対象とした「特定疾患」は都道府県の医療制度です。
問い合わせ先 : 兵庫県伊丹健康福祉事務所 地域保険課 072-785-7462

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 長寿・保険室 国民健康保険課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン