エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページよくあるご質問年金・医療保険国民健康保険 › 前半は特別徴収(年金天引き)、後半が普通徴収となっているのは何故でしょうか?


ここから本文です。

国民健康保険について よくある質問

更新日 平成26年1月9日ID番号 K16016印刷

質問 前半は特別徴収(年金天引き)、後半が普通徴収となっているのは何故でしょうか?

回答

 前半(4月、6月、8月)の特別徴収は前年度の2月と同額で天引きがなされますが、後半(10月、12月、2月)の特別徴収は前年所得に基づいて算出された年税額となるよう、見直された額で天引きされます。見直した結果、介護保険料と国保税の特別徴収額が年金支給額の1/2を上回った場合は特別徴収が中止され普通徴収となります。

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 長寿・保険室 国民健康保険課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所1階
電話:072-740-1170 ファクス:072-740-1176
(電話番号はよく確かめておかけください。)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン